日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニス上達を目指して フォアハンドの練習法

フォアハンドはテニスのゲームや練習の時には必要不可欠なスキルになります。そんなフォアハンドのもっと上達することや、正しい打ち方についてみていきましょう。

間違えると危険!?フォアハンドを打つ時の正しい手首の形とは

フォアハンドを打つ際に安定した強力なショットを打つには手首の使い方を間違えないことが大切です。手首の形ですが、できるだけ固定しておくのが安定します。理由はラケットの面を一直線上に保っているからです。もし手首がぶれてしまうと、ラケットの面もそれに比例してずれてしまいます。そうなるとボールが思う方向に飛ばなくなったり、威力が低下してしまうからです。安定したショットはできるだけ手首を動かさずに上半身を使って滑らかに打つように意識しましょう。

フォアハンドを打つ時に注意しておきたいフォームと打点について

打点を安定させるには勢い余ってボールに近づきすぎないということが大事です。もし近づき過ぎるとタイミングがずれてしまいます。基本のフォームは利き足ではない方を後ろに下げて体をひねらせて打ちます。こうすることで、ラケットの面に垂直にあたるので威力が増えます。また、体をひねらせるとはいっても横を向くほどひねらせる必要はありません。逆にフォームが崩れてしまうことがあるので注意しましょう。

フォアハンドに慣れてきたらバックハンドに挑戦するのもいいかもしれません。基本形が逆になるだけなのでおすすめです。たくさん練習することで、実力は自然とついてきます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます