日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケの締めの定番バラードといえば?

バラード曲って上手く歌うことが出来ると非常にカッコ良いですよね。今回はカラオケでウケの良い定番バラード曲をいくつか紹介して行きたいと思います。上手く歌えるように練習して、みんなの人気者になっちゃいましょう。

尾崎豊/I LOVE YOU

1991年3月21日に発売された尾崎豊の11枚目のシングルで、元々は1983年のアルバム「十七歳の地図」に収録されていた曲であり、アルバム発売から8年後という異例の長い期間を置いてシングルカットがされました。

GRAY/HOWEVER

1997年8月6日に発売されたGRAY12枚目のシングルです。バンド史上初のミリオンセラーを達成した大ヒット曲となっています。

宇多田ヒカル/First Love

1999年4月28日に発売された宇多田ヒカルの3枚目のシングルです。オリコンカラオケチャートで15週連続1位という大記録を達成した曲でもあります。TBS系ドラマ「魔女の条件」の主題歌にもなりました。

徳永英明/壊れかけのRadio

1990年7月7日に発売された徳永英明10枚目のシングルで、徳永英明の代表曲の一つです。TBS系ドラマ「都会の森」の主題歌でもあり、同作には徳永英明自身も俳優として出演し話題となりました。

福山雅治/桜坂

2000年4月26日に発売された、福山雅治15枚目のシングルです。TBS系バラエティ番組「ウンナンのホントコ!」の番組内のコーナーである「未来日記V」のテーマソングとして発表されました。歌詞は福山自身の失恋体験を元にしていると言われています。

まとめ

いかがでしたか?どれも非常に有名な曲ばかりなので、ぜひとも歌えるようになりたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます