日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

美ヶ原高原ハイキングで標高2000メートルの風を感じる

美ヶ原高原は、標高2000mの溶岩台地に6ヘクタールもの大草原が広がっています。
そこでは、天気がよければ富士山、北アルプス、南アルプスを望める360度の大パノラマが広がっています。
ハイキングコースは数多くありますが、代表的なものをいくつか紹介します。

ドライブコースでも超人気

諏訪ICを降り、蓼科高原から車山、霧ケ峰を経由するビーナスラインコースはおススメです。
湖あり、お花畑あり、原生林ありで「これぞ信州ドライブ!」というドライブを満喫できます。
名古屋方面からであれば、松本ICから浅間温泉経由で林道美ヶ原線を来るコースもあります。

高原ハイキングに出発

駐車場は複数あり、いずれも広いので車を置いていざ出発!

●山本小屋ふる里館をスタートして塩くれ場を通り、王ヶ頭をめざすコースです。
 往復6㎞強を2時間ほどかけて歩きます。
 途中、美ヶ原のシンボル「美しの塔」がありますので鐘を鳴らしてみてください。

●美ヶ原自然保護センターをスタートして王ヶ頭を通り、美しの塔を目指すコースです。
 往復7.5㎞弱を2時間半ほどかけて歩きます。

●美ヶ原自然保護センターをスタートしてゲートを経由して王ヶ鼻を目指すコースです。
 往復3㎞を2時間弱かけて歩きます。

目の前に広がる大パノラマ

遊歩道は起伏も少なく歩きやすいコースで、スニーカーでも大丈夫。
どのコースも高原の広々とした開放感を楽しめます。
初夏から秋までは牛が放牧されていて、広い牧場でたくさんの牛がのんびりと草を食んでいる姿に癒されます。
王ヶ頭、美しの塔、王ヶ鼻からは360度の大パノラマが広がり、
天気がよければ、北アルプス連峰、南アルプス、富士山も見ることができます。

http://drive.nissan.co.jp/C/IMAGEC/2/46602/46602_1_xl.jpg

おわりに

標高2000mあるので、夏でも上着は必需品です。
展望地点では、下から吹き上げる風が強いです。
また、急な天候変化もあるので、それなりの準備が必要です。
一度訪れると、いつか再び訪れたい!と思えるような高原です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます