日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会のか乾杯の挨拶 誰にお願いする?

春になると、多くの企業で行われる歓迎会、新入社員にとっても先輩社員にとっても、親睦を深めるためにはとても重要な企業イベントです。
歓迎会ではプログラムによって、挨拶を司会意外の方にお願いする事が多いですよね。例えば歓迎会での乾杯の挨拶を誰にお願いするか悩みませんか?
そこで誰に歓迎会の乾杯の挨拶をお願いするのかや、お願いの仕方などをまとめてみました。

歓迎会の乾杯は誰にお願いするべきか

歓迎会にでの乾杯の挨拶は、幹事によってどこに組み込まれるのかに違いはありますが、イライラしないためにも開会の挨拶の次くらいに行うのが一般的ですね。
まず、開会(始まり)の挨拶は一番偉い人、つまり社長が行なうのが一般的ですから、乾杯の挨拶をする方は次に偉い人という事になります。
すると必然的に、締めの挨拶は三番目に偉い人になり、多くの企業でこの方法で挨拶をお願いしているようです。つまり社長→部長→課長なので、部長にお願いしましょう。

歓迎会の乾杯の挨拶をお願いする方法

歓迎会の乾杯の挨拶をお願いする相手が、誰にするのか決まったら、次に考えるべきなのは『お願いの方法』です。
これも悩むところですが、お見かけした時やお目にかかった時などに、口頭でお願いする方もいらっしゃるかもしれませんが、これはあまりお勧めできません。
なぜならば、後になって「言った、言わない」という事にもなりかねないからです。
お願いする際には、メールまたは書面にてしっかりとわかりやすいような文面で、歓迎会の乾杯の挨拶をお願いするといいですね。その方が間違いがありません。

歓迎会の乾杯の挨拶(例外)

歓迎会を行なう場合、企業によっては同じ役職の方がいる場合もあるでしょう。この時、いったいどちらにお願いしたらいいのかが悩ましいところです。
そういう場合には、例外として年功序列、もしくは勤続年数が長い順にお願いするといいでしょう。依頼する時にもその事を説明してお願いするといいですね。
その代わり、乾杯をお願いしない方には、会の途中での飲食の時の「激励の言葉」などで、お祝いの言葉などをお願いすると角が立ちません。

おわりに

歓迎会や送迎会などで幹事に抜擢されると、挨拶や乾杯を誰にお願いしたらいいのか、わからなくて悩んでしまう事もあるでしょう。
ですが、頭の中に「偉い人順」と「年功序列」と「勤続年数順」を入れておけば、イザという時に慌てなくて済むかもしれません。
また、それでも悩む時には昨年の幹事さんに、どなたにお願いしたらいいのかを、聞いて相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます