日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ツーリングで役立つ、おすすめテントはコレだ!

キャンプをする時に欠かせないテントですが、ツーリングで使用する時には違った観点からのテント選びが必要です。
バイクで運ぶことを前提にどの様なテントを選ぶべきかを見てみましょう。

持ち運び用テントの条件

・一人用テントが無難
仲間と複数でツーリングをする場合には、大きなテントを運ぶバイクを決めて、分担して装備するという事ができますが、テントは非常に場所を取りやすいですので、テント担当のバイクはテントだけしか積めない事が結構あります。
小さな一人用を選んだほうが無難といえるでしょう。

・設営の簡単さ
ツーリングで疲れてキャンプ場に到着して、そこから煩雑なテント設営を行うのは面倒なものです。
ペグを打ち込まなくても良いものがありますので、こうしたものの方が簡単に設営できます。

・防水性能
ツーリングでキャンプをする場合には、連泊することはあまりありませんので、タープを使わない方がほとんどです。
タープを使わないと雨の時に直接テントに雨があたってしまう事になりますので、防水性の高いものを用意したいですね。

テントの種類は?

ツーリングをされる方が使うテントでよく見るのが、一人用で横になるだけのものです。
非常にコンパクトで良いのですが、連日そのテントに泊まるのは疲れてしまいますし、荷物を外に出しっぱなしにしないといけないので、ドーム型テントも検討されてはどうでしょうか?
キャンプをしている時間も充実した方が、バイク旅が楽しくなるものです。
どうしてもコンパクトさで選びたいのであれば山岳用テントも良いでしょう。

ツーリングで使うテントは安いもので使い捨てると考えるライダーが多いのですが、ちょっとだけ予算を上げて、しっかりしたものを選択したほうが結果的にコストパフォーマンスが良いのです。
短期的にテントを選ぶのではなく、長い目で探したほうが良いでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます