日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

温泉 秘湯といえば 福島のココ!

秘湯の宝庫ともいうべき福島県、山あいの渓谷など自然に囲まれた温泉に恵まれています。
中でもおすすめの温泉をご紹介します。

渓流沿いにひっそりと佇む二岐温泉

南会津の山奥にひっそりと佇む二岐温泉は、江戸時代には隠し湯として一般の人の入浴が制限されていたほどの秘湯で、日本秘湯を守る会の会長の宿があることでも知られます。
湯量が豊富で、どの宿にも内湯のほかに露天風呂が設けられていますが、特に岩風呂は天然の岩盤の亀裂から温泉が湧くという非常に珍しいものです。
渓流を臨む露天風呂からは初夏の新緑、秋の紅葉、冬には雪景色と一年を通して豊かな自然を満喫できます。

ひなびた風情がここちよい微温湯(ぬるゆ)温泉

福島市内でありながらも人里離れた山あいのひなびた温泉はまさに秘湯のイメージです。
眼病に特効が伝えられるぬるめの湯を目当てに来る長期滞在の湯治客が多く、1~2時間と長時間でもゆっくりと浸かっていられるのが特徴です。
風情ある茅葺屋根の一軒宿は周りの風景にのんびりと溶け込んでおり、特に紅葉の季節はおすすめです。
温泉へ向かう道路はところどころに未舗装の狭い箇所もあるため、スピードを落として安全運転で。

海抜1200メートルから樹海を臨む鷲倉温泉

磐梯朝日国立公園内にある鷲裏温泉は、海抜1200メートルを超える、福島県内で最も標高が高い温泉です。
一軒宿の窓から眺められるブナの原生林の大樹海は他では味わえない壮大な風景です。
湯の花が豊富な弱硫黄泉と、飲用にも適する鉄鉱泉と二種類の湯が湧き、温泉を贅沢に2倍楽しむことができます。
土湯峠周辺の紅葉は例年10月後半から見頃を迎えます。
1月上旬~4月上旬は冬季休業期間のため、事前に確認をお忘れなく。

まとめ

自然にいだかれて心静かに湯につかれば、日ごろの疲れもゆっくり溶けて行きますね。

https://www.youtube.com/watch?v=ofd-vC4ykek

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます