日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケの定番曲といえば? 〜アニソン編〜

押さえておけば失敗がないカラオケ定番曲。今回はそのなかでもアニメソングの定番をご紹介します!

レット・イット・ゴー~ありのままで~/松たか子

昨年大ヒットの映画『アナと雪の女王』の挿入歌です。「レリゴー」「ありのまま」は流行語にもなりました。新しい曲ですが、これから定番化していく可能性大です。

残酷な天使のテーゼ/高橋洋子

『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌です。エヴァンゲリオンはアニメの新時代の幕開けとも言われ、多くのファンがいます。ちなみにテーゼとはドイツ語で「肯定的に主張すること、命題」という意味の哲学用語です。

メリッサ/ポルノグラフィティ

『鋼の錬金術師』のオープニングテーマです。作詞した晴一さんはストーリーを意識し、「自己犠牲」をテーマに詞を書いたそうです。メリッサはレモンバームの別名で、「傷ついている人を癒す」という意味もあります。アニメファン以外にも人気のある曲です。

CHA-LA HEAD-CHA-LA/影山ヒロノブ

世代を超え、性別を超えて愛されている『ドラゴンボールZ』のオープニングテーマです。アニメを見たことはなくとも、この曲を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

タッチ/岩崎良美

テレビで人気アニメ特集、人気アニソン特集などがあると必ずといっていいほど上位に入る『タッチ』の主題歌です。アニメ自体は1980年代の放送でしたが、いまも根強い人気があります。

まとめ

アニメソングはJ-POPや洋楽に負けず劣らずたくさんの楽曲があります(参考サイト:http://www.uta-net.com/user/anime60_90/anime60_90.html など)。主人公の名前やロボットの名前が入ったいかにも『アニソン』というような曲から、人気歌手とタイアップした曲、アニメの登場人物たちが唄う楽曲など、種類もさまざまです。今回ご紹介したのは星の数ほどあるアニソンのなかの数曲ですので、ぜひいろいろと聞いてみていただきたいです。そして一緒にカラオケに行くメンバーや、自分の唄いやすいところからチョイスして、楽しんでいただければと思います。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます