日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ用語がわからない!ウッドに関する用語

ゴルフの1Wはドライバーと呼ばれますが、実は他のウッドにもそれぞれ名前がついています。
最近はあまり使われませんが、まだまだ解説などで聞くこともあるので、今回は1~5Wまでの由来を紹介します。

1W ドライバー

1Wをドライバーと呼ぶのは多くの方が知っていると思います。
ドライバーの由来はネジ回しの方のドライバーではなく、運ぶという意味のある英単語driveになります。一番遠くまで運ぶクラブなのでdriverとなったわけです。

2W ブラッシー

あまり使っているゴルファーを見ない2Wですがブラッシーという名称がついています。
これは真鍮を意味するbrassに由来していて昔の2Wにはソール(ウッドの地面につく部分のことです)の部分に真鍮が用いられていました。

3W スプーン

これは聞いたことがある方も多いと思います。由来も食器のスプーンから。
フェース(クラブのボールと当たる部分のことです)がスプーンのように凹面になっていたため、こう呼ばれるようになりました。

4W バフィー

これはスコットランド英語のbaffという言葉が由来と言われています。
これは芝生をこすって打つという意味の言葉で、ウッドは地面をこすって打つためついたと思われます。

5W クリーク

鍵をかけるときの音をあらわすclickが由来です。

6W以降のウッドにも一部名前がついているものもありますが、一般的ではありません。
また4W以降についても海外ではあまり使われず、普通に数字で呼ばれます。
これは4Wがクリーク、5Wがバフィーと昔呼ばれていたのが原因です。その後クラブメーカによって4Wや5Wの呼び方が違い、ややこしくなったので、現在は普通に数字で呼ばれています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます