日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

キャンプといえばカレー!お手軽レシピ

キャンプで定番のカレーを食べたい!と計画をしておられる方も多いでしょう。決して料理が得意という人だけがチャレンジをするものではないのがキャンプ飯です。料理は回数をこなしていけば必ず美味しいものが作れるようになるはずです。美味しいものを食べようとするあなたの舌と家庭とは火力が違ってくるので勘も頼りになってくるでしょう。カレーが食べたいと考えているのならば実践あるのみです。

とにかく作ってみよう

とにかく作ってみないことには始まりません。キャンプの料理などではみんなで手分けをして料理をすることが美味しくさせるコツなんです。みんなで仕事をした後になんのこともなく始まる談笑をしながら食べるものが美味しいのです。BBQなどの他の料理は他の班に任せてカレー班の仕込みから始めます。ここで水場が遠いことや水を入れておく容器がそこまで大きくないなどの理由からトマトを使用して水を節約するレシピをチョイスしました。用意する材料は適当で問題ありません。お好きなお野菜(じゃがいも、玉ねぎ、にんじん)と豚肉などを用意しておきます。カレーは結構なんでも相性がいいです。野菜は食べやすいサイズの一口大に切っておきます。鍋を火にかけて暖めたら油を入れてちょうどいい温度になれば先ほどの野菜や肉を入れてある程度炒めます。そこでトマトをだいたい中~大7個くらいを入れます。鍋を揺らしたり、お玉などでなべ底で焦げ付かないように混ぜてあげます。しばらくすると水分がでてきて水を入れなくてもカレールーを入れる手前の状態へとなっていきます。生のトマトは入れずに、トマト缶を2缶くらい入れても良いでしょう。野菜を煮込んだらここでカレールーを入れて少々煮込んで出来上がりです。

隠し味?!聞いたことがあるけど

テレビや雑誌などでもカレーのレシピを扱っていたりする時があり、隠し味を何かしら入れていたりしております。家庭にもよってそれぞれ違うものです。コーヒーやチョコ、りんご、醤油、酒類などさまざまな調味料などが挙げられます。何回かカレーを作ってみて納得のいく味を調節してみたらいいでしょう。楽しい食卓になることが期待できそうです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます