日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バーベキューでできる野菜を使った簡単レシピ

バーベキューの野菜、焦げて食べられなかったり、それほど人気がなかったり、お肉に隠れて影が薄いですね。
そのまま網で焼くだけでなく、少しだけ工夫すれば簡単に美味しい人気者に変身しますよ。

豪快に丸ごとホイル焼きは子どもにも人気

トウモロコシやジャガイモを丸ごとホイルで包んでそのまま焼くだけの簡単メニュー。トウモロコシは仕上げにホイルを外して醤油を塗れば、香ばしい香りがたまりません。
大人から野菜嫌いのお子さんまでこれならみんな喜んでくれますね。
他にもアスパラや、きのこ、玉ねぎなど、素材はなんでも。少し手を加えて、ほうれん草とベーコンをバターと一緒に包んで蒸し焼きにすればビールのおつまみにも最高ですね。

定番料理はやはりやきそば!

バーベキューは意外なほど大量のキャベツが食べられ、バランスもいいですね。
アウトドアらしく、いつもは入れないマイタケやシメジなどのきのこをふんだんに入れると雰囲気が出ますよ。
ただし炭火で火力が強すぎると野菜が焦げやすいので、事前に軽く電子レンジでしんなりさせておき、当日は仕上げにさっと火を通すぐらいにしておけば簡単にみずみずしい食感を楽しめます。

ちょっと手をかけてひんやりマリネ

お肉もちょっと飽きてさっぱりしたい時にお勧めなのがマリネです。
前日から仕込むのは面倒、、と思われるかもしれませんが、玉ねぎやパプリカを刻んで市販のマリネ液につけるだけでOKです。
クーラーボックスで冷やして持っていけば、口当たりもよく、箸休めにぴったりですね。
スモークサーモンを加えればごちそう感もアップします。

まとめ

お肉にばかり目が行くバーベキューですが、ちょっとの手間で野菜の可能性も広がりますね。
もちろんお肉と違って少しぐらい食べ過ぎても安心です。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます