日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

新年会幹事の心得とは

新年会の幹事の心得とは何でしょうか?
同僚や上司は幹事の仕切り方、準備の仕方、進行の様子などをしっかり見ています。
周りからの評価を落とさない為にもしっかりと心得を覚えておきましょう!

新年会前の心得

仕事同様、事前の準備や段取りが重要です。
幹事を任されたなら、早めに準備を始めましょう。
事前にやっておくことは
・出欠席の確認
・会費の連絡
・お店の予約
・お店の地図をメールで連絡
・乾杯の音頭や締めの言葉をお願いする人にお願いをすること
です。
特に、会費の連絡は事前に伝えておきましょう。
会計前に集金するのは絶対にやめましょう!
事前に集金をして、銀行へ行って大きなお札にかえておくと便利です!
そして忘れてはいけないのが、乾杯の音頭と締めの言葉のお願いです。
その場で急にお願いするのは大変失礼です。
相手は上司なので、あらかじめお願いして当日スムーズに進行できるようにしましょう。

新年会中の心得

幹事を任されたからには新年会中も気を抜けません。
一人で寂しく呑んでいる人はいないか?
何か注文したい人はいないか?空になっている瓶がテーブルにないか?
など、常に気配りを絶やさないようにしましょう。
出入り口付近に座ることで、飲み物のオーダーや食器の返却をスムーズに行えます!

新年会後の心得

新年会が終わった後も、まだ気を抜けません。
後日、新年会の会計報告をしましょう!
この会計報告をしない幹事が大勢います。
しっかりとお金の管理、報告ができることも評価に繋がります。
お金が余った場合は、均等に返金するなど、次回の飲み会に繰越しという方法もあります。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます