日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バーベキューの最難関!火おこしのコツは?

楽しいバーベキューですが、やはり一番大変なのは最初の火おこしではないでしょうか。なかなか火がつかなくてお肉が食べられない!、なんてことにならないように火おこしのコツをご紹介します。

火おこしの方法

◎着火剤で~バーベキュー用で売られている木炭なら、着火剤で比較的簡単につきます。備長炭の場合は着火剤の火力では、困難な場合が多いので薪も併用するといいでしょう。
◎薪で~薪として小枝や竹、木片などを使います。炭の上に薪を置き燃やします。薪は少ないとなかなか着火しないので、たくさん使いましょう。薪を燃やすのには、着火剤を使うといいでしょう。薪は備長炭の火おこしにも向いています。
◎火おこし器で~簡単、そして確実に火がつきます。
着火できたら火がついた炭を集めます。木炭を加え、全体に火が回るまでしばらく放っておきます。炎が出てる時は落ち着くのを待ちましょう。炎が落ち着いたら、さぁ始めましょう。

火おこしがうまくいかない理由

◎炭をいじくる、つついて動かす~思わずつついてみたくなりますよね。でも、火がつくのに時間がかかってしまうのでやめましょう。
◎炭が湿っている~湿っていると火はつきません。必ず乾燥した炭を使いましょう。
◎木炭が大きい~着火する表面積が大きい方が早く火がつきます。小さい木炭の方が表面積が大きいので、なるべく小さな木炭で着火しましょう。

火おこしはコツを抑えて素早く終わらせ、バーベキューを楽しんでくださいね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます