日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

失礼のない社員旅行の服装 〜冬編〜

冬の社員旅行も温泉で疲れをとるいい機会ですね。特にこの時期は旅館なども空いているのでリーズナブルだったりします。企画した方はさぞかし旅好きかもしれません。
さて、じゃあ何を着たらいいの?寒い?
そう思ってモコモコ自分が雪だるまにならないように気を付けたいものですね。
そんな困っているあなたに、会社の皆さんに失礼のない服装を教えちゃいます。

男性の場合

冬は寒いと相場が決まっているもの。なのでインナーを保温効果の高いものを着用しましょう。
その上に厚手のおしゃれシャツでOKです。特に北国はどこへ行っても建物の中や、乗り物では暖房がしっかり効いています。
何枚も重ね着して脱いだり着たりも落ち着かないので、インナーをしっかりしてアウターはごわごわしないものを選びましょう。
厚手のピーコートもお勧めです。
パンツは厚手のスラックス。ウール素材のものもいいですが静電気のぱちぱち君にご用心。インナーがしっかりしていると薄手の軽量ダウンでもいいので、持ち運びに便利な物を選びましょう。

女性の場合

女性も同じくインナーでしっかり保温すると、アウターでおしゃれができますよ。カットソーや軽めのセーターでも素敵ですね。スカートはオールシーズンの生地でタイツを50デニール~上のものを選ぶと温かく過ごせます。
マントやポンチョのように上からすっぽりかぶるものだと、体型もカバーできるのでかわいく見えますよ。
足元はブーツもいいですが、脱いだり履いたりが簡単なものがいいでしょう。
「ではここでお昼御飯です」と、小上がりで畳のタイプだと時間がかかってしまうので不向きです。
ショートタイプがヒールの高くないブーティーならOKでしょう。

旅行で移動が多かったり、見学が屋内の場合は外との気温差に気を付けましょう。あとよくあるのが静電気でパチッと痛むので、キーホルダーに静電気防止のものもありますので持参してみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます