日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケの練習メニューの組み方 〜ドリブル編〜

バスケにおいてドリブルの技術はうまく使えればゲームを有利に導きますが、
ドリブル技術が十分ではないと逆にピンチを招いたりします。
こちらではドリブルの技術を向上するための効果的な練習方法をご紹介します。

ドリブルの基本姿勢

ドリブルのテクニックの前にまずは正しいドリブルの際の姿勢を身につける必要があります。
頭を上げて視野を広くとります。ボールばかりみていては、周りが見えず正しい判断が下せません。
練習の時からボールを見ないように癖づけましょう。手先の感覚でボールをコントロールできるようにします。その為にはボールハンドリングをしっかりと訓練して身につけます。腕や手首を柔らかく使い、つま先は少し開き腰を落とします。

基礎練習

練習に入る前にはエクササイズなどを行います。
コントロールドリブル、クロスオーバー、レッグスルー、ビハインドザバック、インサイドアウト、V字ドリブルなどを中心に様々な種類のドリブルの練習を行います。
ドリブルを行う時は正しいハンドリングで手首を柔軟に使って行います。まずは利き手で練習します。そして次に利き手ではない方でそれ以上の練習を行いましょう。
手だけの練習にならないように全身の感覚を意識することに注意しましょう。

応用練習

慣れて来たら今度は歩きながら、走りながら、方向を変えながらなど変化をつけていろんなパターンで行いましょう。ドリブルの強さや幅、高低の変化などをつけて行います。何種類かのドリブルを組み合わせてのコンビニネーションやドリブル、パス、シュートとの連動練習や仲間との対人練習も行いましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます