日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニス初心者必見!テニスが上達するための簡単テクニック

テニスが上達できるようになるためには、ある程度のテクニックを理解し実践的に使えるようにならなければいけません。そこで、初心者でも実践に持っていけるようなさまざまなストロークのテクニックについて紹介します。

フォアハンドストロークで上達を早める

初心者は特にフォア(ラケットの表面のことです)をよく使いたがります。ここで、初心者が得意としやすいフォアハンドを極めるためのテクニックとして、左足を踏み出しながら腰のひねりを十分に使ったなめらかな動作を伴いながら打つという方法です。全身の筋肉も使うのですが、なによりも下半身のフォームがしっかりしていてないとできません。ラケットもひねりに合わせて曲げたりするのではなく、一直線上に面にあたるように心がけてみましょう。

バックハンドストロークで上達を早める

初心者が苦手としやすいのは「バックハンドストローク」(ラケットの裏面を使ってボールを返すこと)です。なかなか慣れるまでに時間がかかりますが、慣れるとボールの打ちたい方向に最後まで振り切るというテクニックを使ってみましょう。中途半端な距離でラケットを振るのをやめると、ボールの威力が弱まってしまいます。これにも慣れたら肘をしっかり曲げてフォアハンドの時と逆のフォームを使った練習をするといいでしょう。

自分のフォームを確認しつつ修正を繰り返していくことが、上達への近道と言えるでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます