日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフの服装 〜冬編〜

冬のゴルフには、防寒対策をバッチリして行きましょう!
ゴルフは、移動や待ち時間が長く、マラソンや水泳などの他のスポーツに比べ激しい動きが少ないため、暖まるためには着るしかありません。といっても、着過ぎるとスウィングに支障が出る可能性があります。従って、「冬のゴルフの防寒ポイント」は、「温かくて、スウィングの邪魔にならない服装」ということになります。

インナー

重ね着しても、防寒とスウィングを両立できるインナーとしては、ヒートテック、アンダーシャツ、アンダータイツが有ります。
ヒートテックは素肌に触れると発熱し、薄くて暖かいため最適です。アンダーシャツは、身体に隙間なくフィットし、風を通さず保温性があります。ヒートテックやアンダーシャツの下半身版がアンダータイツです。

アウター

薄くて動きやすい、雨風も防げるアウターが理想です。そのアイテムとしては、ウインドブレーカーやダウンベスト、オーバーパンツがあります。ウインドブレーカーは、ショットの時は良いのですが、薄いためショット以外の時は更に1枚重ね着する必要があります。ダウンベストは、ショットのときでも防寒に役立ちます。オーバーパンツは、ズボンの上に重ねて履きます。

その他

腹巻はプロの多くの方も使っているアイテムで、お腹と腰回りを暖かくするとスウィングが良くなります。帽子やイヤーウォマーは、頭や耳を寒さから守ります。他にも、ネックウォーマーやウォームグローブなどが有ります。ウォームグローブは、手のひら側が革製でグリップ力はそのままに作られ、手先を冷えから守るゴルフ用あったかグローブです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます