日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフの服装 〜男性編〜

ゴルフ場には、ウェア着用上でのマナーがあり、どんなウェアでも着られるわけではありません。ドレスコード(服装の基準やマナー)を守ってない場合は、ゴルフ場によっては入ることを断られたりします。そこで、男性がウェアを選ぶ際のマナーやかっこよく着るポイントを挙げてみます。

基本

ゴルフ場では、クラブハウス到着と出発に際してジャケットを着用することが基本となっています。プレー中は、襟付きのものが良く、Tシャツ、ジーンズ、スニーカーなどはラフな服装としてマナー違反となってしまいます。また、メンズウェアで半ズボンをはく場合は、ハイソックスを着用しなければなりません。

帽子

ハンチング、キャップ、サンバイザー、ニット帽子などメンズウェアにはたくさんの種類があり、色もカラフルです。ゴルフは、夏は日差しが強く熱中症の危険があり、冬は防寒が必要で、季節を問わずボールが飛んでくる可能性があります。従って、ゴルフのウェアには帽子を取り入れた方が良いのです。

色の組み合わせ

メンズウェアでカッコ良くお洒落にするためには、色彩のコーディネートも大切です。例えば、トップス(上半身に着る服)とボトムス(下半身に着る服)を控えめな色に抑えて、キャップをカラフルにしたり、ベルトの色にアクセントをつけたり、シューズとグローブの色を統一したりしてゴルフを楽しみます。

シューズ

以前はシューズといえばスパイクでしたが、芝の痛みを考慮して、近年ではソフトスパイクが主流となっています。外見はスニーカーにしか見えないようなものも有りますが、6kmや7km以上の長距離を歩きますので、自分の足に合った、歩きやすいものを選ぶことが大切です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます