日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

あなたは大丈夫?ゴルフ初心者がやりがちな間違った打ち方

ゴルフ初心者がよく間違えそうな打ち方を姿勢という観点に注目してみていきます。

打つ前の姿勢と顎の位置に注目して打ってみよう

初心者の方を中心に打つ前の姿勢ですが、よく顎を下げて打つ方がいらっしゃいます。この体制になると、肩に力が入らなくなってうまく強いスイングができません。スイングの時には顎と左肩を近づけるようなイメージで打ちます。肩を回転させてだんだん近づけてやるといいフォームになってきます。また頭の傾きの方向についてですが、右肩を左肩より少し下げて構えるポーズをしながら頭を自然な形に持っていきます。ここで顎が下がっていると、左肩が入らなくなり、うまく体に回転をかけることができません。また顎が下がる原因は「猫背」にあるといわれています。日ごろからの姿勢にも注目する必要があります。

打つ直前で初心者がやりがちな間違った方法とは

足と腰と肩のラインを平衡に保った状態で、右肩に意識を持って行ってあげて自然なフォームで打つ。というのが基本です。しかし初心者は最初の段階で躓いてしまいます。姿勢が悪いと、足と腰と肩のラインをまっすぐに保つことができなくなってしまいます。ここで右肩に意識を持っていくですが、打つ前までは左肩をあごの近くまで持っていき、打った後は右肩が前に出るような練習をするといいです。左肩は引き、左右が逆転するようなフォームに自然となっていくはずです。

いろいろなフォームの練習はあるのですが、まずは基本系の練習を優先的にやることをお勧めします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます