日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ用語がわからない!スコアに関する用語

ゴルフで最終的に目標としていきたいのは、なんといってもスコアを最小限に抑えるということです。そこで、スコアの数え間違いや単語などを理解していないと、間違った判定を下してしまうことがあります。そのようなトラブルを回避するためにちゃんとしたスコアに関する用語についてみていきましょう。
www.youtube.com/watch?v=M9tosnIa2wI

まずは基本から!

スコアの基本は「パー」です。パートはそのホールで決められた値のことで、ホールによって数値が異なってくるのが特徴的です。そこから1打や2打程度の差が出たときに新しい用語を使います。

まず1打早い場合は「バーディ」と言います。パー2のホールであったらバーディではなく「ホールインワン」と呼ぶので注意しましょう。逆に1打遅い場合は「ボギー」と呼びます。2打早いなら「イーグル」、2打遅いなら「ダブルボギー」、3打早いなら「ダブルイーグル(アルバトロス)」、3打遅いなら「トリプルボギー」と様々な名称があるので覚えておきましょう。

覚えておくと便利な用語

パー5の時にホールインワンをすることを「コンドル」と呼びます。しかし実際にはパー5なのでなかなか出ません。

初心者だとなかなかスコアを縮めることができずにトリプルボギー以上になることがありますが、名称の「ボギー」が変わることはなく、その前の数字が変わるだけなので比較的覚えやすいでしょう。

特別な名称が多いのがゴルフのスコアの特徴なので、間違えることなくしっかり覚えていきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます