日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バレーボールの練習方法を教えて! 〜ブロック編〜

バレーボールにおいて強烈なスパイクを防御する手段がブロックと呼ばれるプレーです。ネット際のプレーとなるため、ネットタッチに気をつけること。一人の場合のブロック、二人でやる場合のブロックがあるので、それぞれ練習を行いましょう。

基本的なステップの練習

ブロックの動作は、ジャンプした時にもっとも肘が伸びている状態で、相手のスパイクしたボールより高い位置に手があるようにします。まず、ブロックジャンプの練習をします。肩幅に足を広げた状態から、手を両耳の高さにあげた状態で構えます。半歩で踏み込んでのジャンプします。次に、左右に半歩ずつ踏み込んでのブロックジャンプを行い、半歩下がってもとの位置に戻るサイドステップの練習を行います。慣れてきたら、コートのセンターからレフトへ移動しジャンプ、またセンターに戻ってジャンプ、ライトに移動してジャンプと、移動しながらのジャンプの練習をします。
一人での動作に慣れたら、二人でペアになり、タイミングを揃えてジャンプを行います。

ブロックの手の形の練習

ブロックした時にどのようなインパクトがあるかをつかむために、まずジャンプしないで手の出る高さまでネットを下げます。指導者にスパイクを打ってもらい、手の位置、肘の位置を確認します。慣れてきたら、左右に移動しながらジャンプをしないで、ステップの確認をします。2人でペアを組んで、ブロックの形やタイミング、移動のステップに慣れます。

ネットを使った練習

実際のゲームの高さのネットで、指導者にスパイクを打ってもらい、ブロック練習を行います。指導者は、台に乗り、声をかけタイミングを合わせてブロックの手に当たるようにスパイクを打ちます。せっかくのブロックも、コートの外側に飛んでいってしまったら失点となってしまいます。ブロックで当たったボールがどのように飛んで行くかを研究し、手の形やタイミングを調整しましょう。ブロックがうまくいった感覚をつかむと、自信を持ってブロックジャンプができるようになります。

ブロック練習は集中が大事

ブロック練習は、スパイクの一番近くで、早い対応が求められ、突き指や捻挫など、ケガにつながりやすいプレーです。しっかりと声をかけあい、ブロック練習をしている選手だけでなく、周りにいる選手たちも集中して練習に取り組んでください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます