日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

宴会幹事の心得

社会人にもなると一年を通してイベントごとがあり、会社などでも宴会に参加する機会は何度かやってきます。

会社での主な宴会

・歓迎会  ・暑気払い
・お花見  ・送別会
・懇親会  ・新年会
・忘年会        などなど・・・

種類も様々ですが、そんな時初めて幹事をまかされることになった時に
やったことが無いとなかなか段取りが分からないものです。

ここでは簡単に宴会の幹事としての役割と注意すべきポイントについて
説明します。

1.宴会の日程を決めます。

参加予定者から都合のいい日を聞き宴会の日を決めます。
まずは自分が出席可能な日とその宴会の主役(歓迎会なら新入社員)が
出席できる日をピックアップし、候補日を絞ってから調整する方が決まりやすいです。
提案するときに宴会の開催場所をどの辺りかぐらいは伝えましょう。

2.日程・人数が決まればそれをもとにお店を探します。

ネットで条件で検索したり参加者からもいいお店の情報があれば教えてもらいます。
できれば下見をすることをおすすめします。
参加者の好みや年齢なども考慮して料理のジャンルやボリュームなども考えます。

3.お店が決まれば詳細な日時・場所・費用など参加者に伝えます。

お店の場所がわかる地図やメニューなどを入れるとイメージがわきやすいです。
キャンセルはいつまでに可能かなども入れるといいでしょう。

4.宴会の前日には必ずもう一度確認のメールなどを送りましょう。

5.宴会当日は主役がいれば主役を盛り上げてあげましょう。

あとは飲み物・食べ物などに不足がないか、オーダーがちゃんときているかなど
気配りをしましょう。
ゲームなどを入れると楽しいものになるかも。

6.会費は宴会の始まる前に集めるのがベターです。

会計はスムーズに行います。
(若い人も参加しやすいように価格設定しましょう。)

7.二次会の手配もしておきましょう。

なかなか大変な幹事のお仕事ですが、
あなたが頑張ればみんなが喜んでくれて自分にもプラスの経験にきっとなるはずです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます