日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニス初心者がラケットを選ぶ時のポイントはこれ!

ファッション性の高いスポーツと言えばテニス。ラケットを小脇に抱えて歩いていると、男性ならなぜか格好良く、女性ならなぜか可愛らしく見ますよね。そのラケットですが、実は奥が深いんです。重さや大きさはもちろん、ガットの張り具合など初心者には分からないことばかり。そこで何を基準にして選べばいいのか、初心者でも簡単に分かるラケット選びのポイントを教えます。

大きなフェイスが上達のポイント

ラケット選びのポイントはいくつかあります。まず一番目にチェックしたいのがフェイスの大きさです。当たる面が大きければ、初心者でも当たる可能性は高くなるからです。「ラケットにボールが当たる」と思えば、自信が出てきて気分が乗り、さらにはフットワークも軽くなったりします。なのでまずは大きめのフェイスを選ぶようにしましょう。110平方センチ前後というのが一つの基準ですが、実際に見て大きさの感覚を確かめてみましょう。

持った重さと振った重さは違う?

次に重要なのは重さです。いくらフェイスが大きくてボールを当てやすいとしても、自分に不釣り合いな重さならラケットを上手に振ることはできません。基本的には250〜300グラム前後となりますが、実はラケットの重さと振ったときの重さの感じ方は違います。持って感じた重さだけではなく、実際にラケットを振ってみて重さを感じることがベスト。お店でラケットを選ぶときは、実際にラケットを振ってみましょう。

グリップは一番力が入りやすいものを

そのほか、初心者にとって気になることと言えばグリップの太さではないでしょうか。グリップサイズはどのブランドでも共通して、細い方から1、2、3で表されています。通常ですと女性は1か2、男性は2か3を選ぶことになります。ただ数字にこだわらず、握ったときに一番力が入りやすい太さを選ぶのがポイントです。

自分に合ったラケットでよりよりテニスライフを

テニスはラケットとボールさえあればできるスポーツ。でもだからこそラケットはとても重要です。自分に合ったラケットを見つければ、その後のテニスライフはよりよいものになっていくはずです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます