日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ラグビーの競技人数と簡単なルール説明

ラグビーにおいて、競技人数と簡単な競技ルールを説明したいと思います。

ラグビーの競技人数

1チーム15名で、両チーム合わせて30人で試合を行います。
但し、プレーヤーが怪我や故障などで試合の継続が難しい時・戦術を変更したい時などにプレーヤーの入れ替えが
可能です。交代要員も含めたら、最大1チームの人数は22名となります。
15名のポジションの振り分けとして、
フォワード(FW)と呼ばれるポジションが8名、バックス(BK)と呼ばれるポジションが7名に大きく分けられます。

ラグビーの基本ルール

ラグビーの基本概念として「ラグビーは陣取りゲーム」ということです。
ボールを両チームの選手が奪い合い、ボールを保持したまま敵地のインゴールと呼ばれるスペースを目指します。
このスペースにボールをタッチすることにより得点が入ります。この行為を「トライ」といいます。
もう1つ、得点を得られる方法として「ゴールキック」というのがあります。
「ゴールキック」というのは、ゴールポスト間のクロスバーよりも上の空間にボールを蹴り通すシュートです。
ボールの扱い方として、持って走る・手で放る(パス)・足で蹴る(キック)が認められています。
また、全身のどの箇所にボールが当たっても問題はないです。

ラグビーの注意点

スポーツですので、スポーツマンシップに背くような行為はもちろん禁止されています。
妨害・危険な行為に対して、ペナルティキックやペナルティトライなどの罰が課せられ、さらに悪質性がある場合は、
イエローカード(10分間の一時的退場)やレッドカード(退場)もあります。

まとめ

初めて行うスポーツにおいて、ルールを覚えることが一番重要なことだと思います。
しっかりとルール理解をして、怪我をさせない・しないスポーツをしましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます