日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

札幌近郊でのさくらんぼ狩り・食べ放題スポット

日本の食糧庫である北海道は果物栽培も盛んです。その中でも、北海道のさくらんぼは全国2位の生産量、全体の6%を占めています。1位山形県75%ですから、追いつくのは難しいのですが。シーズンには多くの人が家族でドライブがてら、友人同士でバスツアーに参加して、さくらんぼ狩りに出掛けます。

札幌郊外

まずは札幌の奥座敷・定山渓温泉街にも近い、札幌市南区砥山あたり。札幌中心部から車で40分位です。多くの観光果樹園が、6~7月にはさくらんぼ狩りで賑わいます。それぞれに、他の果物の○○狩り、加工品の手作り体験、乗馬など様々なメニューが揃っています。

二木・余市町

そして、二木・余市町エリア。北海道で1番さくらんぼ生産が盛んなのがこの辺りです。札幌から車で1時間程度で行くことができます。この辺りは、りんご・梨・ブドウも北海道一の生産量を誇る、まさに果物の里。さくらんぼ農家は150軒ほどあり、種類も豊富です。さくらんぼと言えば二木・余市、という人も少なくない人気のスポットとなっています。観光果樹園も多く、6月下旬~8月上旬のシーズンにはツアーのバスが次々と訪れます。高級品種も楽しめる、レストランが併設、バーベキューも食べられる、などそれぞれに特色があります。

まとめ

果樹園ごとに違いはありますが、もぎ取り食べ放題、持ち帰りは別料金のところが多いようです。また、さくらんぼ狩りと海鮮昼食、さくらんぼと名所めぐりなど様々なバスツアーもあります。おいしいさくらんぼを食べにぜひ北海道へ行ってみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます