日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ミーティングの効果的な進行方法

ミーティングそのものを有意義なものにできているでしょうか?

ぜんぜん、意見がでなくて司会者一人が喋っていた・・
ミーティングに出席したけど、無駄に時間が過ぎて行った・・
結局、時間切れ!何が決まったの?
このミーティングって、数字の報告会?それって共有データ見ればいい話・・

ミーティングを有意義に進めるには、参加者みんなが持つ意識によるところが大きいのです。

目的を意識する

参加する前に何を目的に集まっているかを意識しましょう。
この会議はブレスト(アイデア出し)の形式なのか、情報共有会議なのか、答えを出す会議なのか、等、会議の形式・ゴールが何であるかを事前に理解して参加することはとても重要です。

チームワークを意識する

ミーティングそのものを進行する人に任せきりにせず、参加者自身が何を求められているのか、今、何をすべきか、を考えてミーティングに参加しましょう。
時間、方向性、盛り上がり、参加者の尊重などがミーティングの中で適切に進められているかを参加者全員が意識してそれに合わせて行動したり、発言することは非常に有効です。

まとめ

・目的意識
・チームワーク

上記を参加者が意識することでミーティング自体の質も向上し、有意義な時間に変えることは充分に可能です。

新卒の面接ですら学生に対して、このような意識でミーティングができるか、また、その潜在能力をもっているかをチェックされることがあります。それだけビジネスにとっても重要な視点だといえます。
ぜひ、日々のミーティングから意識してみましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます