日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

花見も楽しめる大阪市内の名所

都会の中の桜を楽しもう

毎年私たちの心を癒してくれる桜。綺麗に咲いた桜の木々を見るとなんだか優しい気持ちになれますよね。
都会にいながら桜も楽しめる、大阪市内の名所をご紹介します。
桜の季節には是非、この名所を巡って大切な人と思い出作りをしてみてはいかがでしょう?

造幣局の桜通り抜け

明治4年に「大蔵省造幣寮」として創立され、明治10年に「造幣局」に改称されました。
貨幣のほか、勲章・褒章などを製造しており、工場見学も可能です。構内には造幣博物館もあり、貨幣の歴史を知ることが出来ます。
そして明治16年から始まった、桜の通り抜け。約350本の桜で作られたトンネルは見事なものです。しかし、たった1週間という短い期間しか公開されないので、是非日にちをチェックして貴重な桜風景を楽しみに行ってみましょう。ちなみに開催期間は3月中旬に決定されるようです。

総本山四天王寺

推古天皇元年(593年)に聖徳太子が建立した総本山四天王寺は、
七大寺の一つであり、日本仏法最初の官寺です。
極楽浄土の庭(本坊庭園)が、一般公開されていて、春には100本の桜が楽しめます。
重要文化財の方丈から庭内を見下ろすと綺麗な桜が広がり、長い歴史を感じながら見る桜はまた味わい深いものです。

毛馬桜之宮公園

レトロな建造物が周りに立ち並ぶ毛馬桜之宮公園。水の広場や遊歩道もある水と緑が綺麗に調和された河岸公園です。
大川沿いの両岸に約4キロに渡って、およそ4800本もの桜が咲き誇る桜宮公園は、満開の時期になるとたくさんの露点も軒を連ねます。家族連れで行くにはとてもオススメのお花見スポットでしょう。圧倒的な桜の多さは一見の価値ありですね。
アクセス:JR桜ノ宮駅西口より西へすぐ。または地下鉄谷町線・京阪天満橋駅1番出口より北へ徒歩5分

大阪城公園

大阪の桜の名所と言えばやはりここ、大阪城公園でしょう。
大阪城天守閣をはじめ、多くの歴史建造物があり、大阪城音楽堂や大阪城ホールなどの娯楽施設もある大阪を代表する公園です。公園内には約3000本もの桜が植えられており、中でも西の丸庭園は、満開の時期観桜ナイターなども行われる人気のスポットです。天守閣をバックに眺める夜桜はまさに絶景。広大な公園で自分だけの特別スポットを探してみるのも楽しいでしょう。

名所を巡るクルーズも

これまでにご紹介した名所を巡る水上バス、大阪水上バス アクアライナーも最後にご紹介しておきましょう。大阪城から出発し、大川周辺を中心に市内の桜の名所を回るこのツアーでは、中之島公園、桜宮公園、そして大阪城などを約10キロに渡り遊覧することが出来ます。ナイトクルーズもあるので、ライトに照らされた昼間とはまた違う美しさを見せる桜を、ゆったりと進む船から楽しむのもまた素敵ではないでしょうか?

と大阪市内の桜も楽しめる名所をご紹介してきましたが、あなたはどちらに行こうとお考えでしょう?便利で近い市内の桜スポットへ春を感じに、是非出かけてみて下さいね♬

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます