日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

柏崎花火大会へのアクセスと駐車場情報

柏崎花火大会というと、海の花火大会を連想する方が多いでしょう。柏崎花火大会は新潟県の柏崎市の夏の大イベントです。川の長岡や山の片貝と並んで海の柏崎は、越後の3大花火のひとつです。では今回は、柏崎花火大会へのアクセスや駐車場の情報をご紹介します。

柏崎花火大会の駐車場

柏崎花火大会の駐車場は2009年から有料であった会場近くの駐車場はなくなりました。よって花火大会の会場まで車で行くことはできません。JRなどの公共交通機関や、周辺の大学を駐車場にしているので、その大学からの花火大会への直行シャトルバスを使うことができます。

会場近くまでのアクセス

関東地方からは、柏崎ICはとても混雑が予想されますので、関越道小千谷ICをおりて、ルート291からルート252を辿る経路が推奨されています。上越や北陸方面からのアクセスでは、北陸道の米山ICをおりて、ルート8を通り、鯨波交差点から県道73鯨波宮川線を通る経路が推奨されています。

大学の駐車場からシャトルバス

新潟産業大学の駐車場には約260台の駐車スペースがあります。駐車場が開放される時間は13時からで、花火大会会場までのシャトルバスの運行は15時から19時30分までとなっています。また、新潟工科大学駐車場には約400台の駐車スペースがあり、駐車場の開放時間は16時からです。シャトルバスの時間は15時から19時30分となっています。

まとめ

直接、柏崎花火大会会場には、自分の車では駐車できませんが、近くの大学に駐車して、シャトルバスでの移動となるので、持ち物の管理やバスの乗降のさいには、お子さんに気をつけてあげてください。良い花火大会の思い出となるといいですね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます