日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

女子会の料理は持ち寄りでOK?

女子会をするときに、長時間のおしゃべりを楽しみたいのなら、やはり会場は自宅を選びたいものです。
でもそんなとき、料理はどうしますか?
自分で作ったり、みんなで作るのも楽しいですよね。
でも、料理が苦手な人もいますし、集まったらすぐにごはんを食べたい人や、料理よりもおしゃべりに集中したいという人もいます。

料理は持ち寄り女子会!

そんなときにおすすめなのが、持ち寄りスタイルです。
これならば、料理が得意な人は手作り料理を、苦手な人は出来合いのものを用意することができますし、集まったらすぐに食事を開始して、おしゃべりをこころゆくまで楽しむことができます。
また、自宅の提供者にとっては、片付けが楽なのもうれしいですね。

持ち寄りのルールをきめておこう!

ただ、持ち寄りのときに注意したいのは、不公平にならないことです。
ただ「好きなものを持ち寄りにしよう!」では、料理が被ってしまったり、持ち寄った料理の内容に差が生まれてしまうこともあります。
自分が1000円程度の品をもって来たのに、他の人が500円程度の品をもってきていては、不満に感じてしまいますよね。
そういったトラブルをなくすために、持ち寄りにする場合は大体の金額の目安と、「サラダ」や「主食」「デザート」などの持ち寄る料理の種類を決めておくようにしましょう。
種類によって金額に差が出てしまう場合は、金額が大きくなってしまうものの担当を2人にしたり、金額が小さいものの担当者に飲み物もお願いするなど、臨機応変に対応してください。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます