日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

宴会をスムーズに進行させるのも幹事の務めです!

会社の宴会をスムーズに進行させるのも幹事の大切な務めです。

乾杯の音頭

まずは、全員にグラスが行き届いたところで乾杯の音頭を取りましょう!
自分で音頭をとる場合は、必ず自己紹介をします。
「今回幹事を任されました○○です。」「今回司会進行を務めさせていただく○○です。」
など、一言自己紹介をしてから乾杯に入りましょう。
乾杯の音頭を他の人にお願いする場合は、事前に依頼しておきましょう。
依頼をする場合は、宴会の出席者の中で二番目くらいの役職の方にお願いしましょう。

締めの挨拶

乾杯の音頭同様に、事前に締めの挨拶をお願いしておきましょう。
締めの挨拶は、宴会の出席者の中で二番目くらいの役職の方にお願いしましょう。
その場で急にお願いするのは大変失礼です。
気持ちよく会を締めるためにも、事前の準備が大切です。

二次会の案内

締めの挨拶が終わり、部屋を出る時間になってもダラダラと飲み続け居座ってしまうのが宴会です。
次の予約が入っている場合は、お店に迷惑がかかります。
ここでスムーズにお店を出れるかどうかは幹事の力量にかかっています。
2次会を用意している場合は、その旨を伝えましょう。
2次会が決まっていなくても、まずはお店の外へ誘導しましょう。
ここで大切なのが、はっきり大きな声で皆に伝えることです。
それぞれ盛り上がって話しているので、恥ずかしがっていてはなかなか聞いてもらえません。
幹事を任されたからには、しっかりと務めを果たしましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます