日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

長岡花火大会の場所取りと混雑時間

長岡花火大会において、花火をより良い場所で見る為の場所取りと混雑をする時間について紹介します。

場所取り

長岡花火大会は有料・無料と観覧席が充実しているので、場所取りにはあまり困ることがありません。
全体的に良い場所で、信濃川の川岸で打ち上げられる花火を観覧することができます。
観覧席としまして、長生橋と大手大橋に挟まれた土手と河川敷部分が観覧席となります。この2つの橋の間ならば、
どこに居ても花火が見ることが可能です。
但し、見たい花火により細かい場所は変わっていきます。
大迫力の花火を楽しみたい人は、信濃川の左岸がおすすめで、フェニックスや天地人花火などのスケール感のある
花火を楽しみたい人は、全体を見渡すことのできパノラマ感が味わえる信濃川の右岸がおすすめです。

場所取りの注意点

①必要以上の場所取りは、他の人に迷惑が掛かるので禁止です。
シート1人分の大きさの目安として、約80cm×100cmです。
②シートの固定には置石の使用は禁止です。
他の人がつまづいたり、ぶつかったりすると大変危険です。

渋滞時間

花火大会開始前においては、長岡ICで午前11時頃から車が増え始めます。花火会場に向かう際の道路は、午後5時
から午後6時前後にピークを迎えます。最大の混雑のピーク時間は、花火大会終了時刻です。
わずか4.4km進むのに、通常は約6分で行けるところ約3時間を要します。
渋滞を少しでも回避をしたいならば、長岡ICを帰りは利用しないことです。

まとめ

場所取りはマナーを守り、他の人に迷惑が掛からない程度で行いましょう。
また、混雑時間帯をうまく避け安全で楽しい花火大会にしましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます