日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【登山用語】「ピッケル」とはどういう意味?

ピッケルってなに、どんなものかって使ってる人にしかわからないですよね。見た目つるはしで武器っぽいですけど、野生動物と戦う武器ではありません。今回はピッケルについて説明しようと思います。

ピッケルとは

積雪期、残雪期などの冬山シーズンに店頭に並ぶことが多いと思います。大きなお店では年中扱うところもありますが。
冬季は雪の斜面と通過する際になにかの拍子に足を滑らせてりしてしまうと斜面が滑り止らないことがあります。そうのようなシーンで体を制止するのに刃の部分を斜面にさして止めようとする際に使用します。直ぐ使用できないと意味がないので杖の代わりに使用し、万が一のときに使うといったほうがイメージしやすいでしょうか。

アイスクライミングのときなどはシャフト(柄)が曲がったものなどがあり用途が異なります。
柄に曲がりが加わることで登攀するのに効率がよくなっています。

国によって異なる名前

ドイツ語のアイスピッケルからきているようです。英語ではアイスアックス、フランス語ではピオレと名称が異なります。
優秀な登山家に送られる賞でピオレドールと呼ばれる賞があります。意味は金の斧
こちらは登山界のアカデミー賞と呼ばれるもので大変名誉あるものです。

以上、簡単にではありますがピッケルについて説明してみましたがいかがでしたでしょうか。
持っていても使い方が分からなければ活用できないので、雪山などを始めようと思っているならば経験者やガイドに依頼して独学ではなく正しい知識・技術をみにつけて行きましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます