日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニスコートにも種類がある?

今、錦織圭選手などのかつやくにより、世の中ではにわかにテニス熱が高まりつつあります。さて、テレビなどでのテニス中継をご覧になっている方で「テニスコートの種類が違う」という点について疑問に思われている方はいませんか?実は、テニスコートは大会ごとに地面(床)の材質に違いがあるのです。今回は、「テニスコートの種類」について解説します。

グラスコート

グラスコートは天然芝によって覆われたコートです。イギリスのウィンブルドン大会で有名なコートです。ボールのスピードがが非常に速くなり、またバウンド時に不規則なブレが生まれるという特徴があります。天然芝を使っているため、コートのコンディションが変化しやすく、大番狂わせも起きやすいので良くも悪くもゲームの展開が読みにいコートであるとされています。

ハードコート

全米、全豪オープン大会などで主に用いられているコートです。アスファルトやセメントで基礎を固め、その上に合成樹脂をコーティングしたコートです。ボールが弾みやすく、コンディションが安定しているため大番狂わせは比較的起きにくいと言われています。維持管理コストがかからないコートとされ、近年では世界的に多く用いられるようになっていますが、その反面選手の身体への負荷が大きいというデメリットもあります。

クレーコート

粘土質の土の上に砂をまいたもの、あるいはレンガを細かく粉砕した砂によって出来たコートで、主に全仏オープン大会などに用いられるほか、日本では学校の校庭のテニスコートに多いタイプとしても知られています。球速は遅くなりがちで乱打合戦になりやすく、選手にとっては体力の消耗が激しいコートですが、その反面コート自体に弾力があるため身体への負荷はあまりありません。

まとめ

いかがでしたか?一口にテニスコートと言ってもいろいろな種類があるのですね。これからテニスの試合を関する際は、ぜひコートの違いによるゲーム展開の変化などにも注目してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます