日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフをする時に気をつけたい、グリーン上でのマナー

初心者の方でも必ず知っておかなければいけないマナーの一つとして「グリーン上でのマナー」が存在するのでいくつか紹介します。

実はたくさんある!絶対に知っておきたいグリーン上でのマナーとは

簡単なマナーの一つに「他人の邪魔になりそうなボールを見つけてしまった時はマークして自分のボールの位置をしっかりと記憶させる」というものがあります。何打か打って別のプレイヤーと同じ位置にボールが来ることがありますが、その時に自分のボールとの接触をしてしまうことがあります。それを防ぐためにもしっかりとマークしておきましょう。マークせずにボールをとったり動かしたりすると、今度はルール上の問題がはっせしてしまうので注意が必要です。このマナーを行動に起こす時のタイミングですが、とにかく危ないと感じたら自分から行動するのが吉です。

まだある!グリーン上での基礎的なマナー

これも毎回よくあることなのですが、「カップに刺さっているピンはボールが最も近いプレイヤーが抜く」というマナーがあります。一番先にカップインしたプレイヤーはそれ以降のプレイヤーにはピンを外さなくてはいけません。なので、気づいた人がやるというよりかはもっとも近いプレイヤーがやってあげると効率がいいでしょう。そしてピンは必ずグリーンの外に置くというマナーもあります。

グリーン上はそのホールの終盤戦なので空気が緊張モードに包まれますが、いろんなマナーを覚えておくだけでも緊張はほぐれると思います。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます