日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ入門!スイング編

ゴルフのスイングが上達するようになるということは、ゴルフが確実に上達できるようになっている証とも言えます。そこで本格的のゴルフを上達させたい方への入門としてスイングに関する上達法を紹介します。

ゴルフのスイングの基本の形は決まっている!

ゴルフスイングの基本は「遠くに」、「まっすぐに」、「安定性を上げる」というところにあります。これは初心者だけではなく、上級者でもしっかり意識しておかなくてはいけません。まず基本的なグリップの持ち方ですが、左手は指3本、右手は指2本の合計5本で、強く握るのではなく軽く握るのがコツです。そして基本姿勢(アドレスと言います)は背骨からお尻を突き出すような感覚を維持するといいといわれています。姿勢に関してはいろんなコーチから教わることが異なるので、自分のいいポジションと思われる形から徐々に修正していくことをお勧めします。

基本の形がわかったら、実際に打って練習してみる!

実際に打つ時に注意してほしいのが「ハーフスイング」という打法です。完全に打ち切るのではなく、フォームを確認しながら地面すれすれのところまでで体をストップさせてみる練習方法です。いろんな修正点が見つかる良い練習方法といわれています。クラブが真下に来る時には、自分の体が猫背にならないようにも気を付けましょう。

スイングは初めの段階ではよく躓きやすいポイントになります。なのでしっかりとしたフォームを身につけたのちでのスイング練習に入ることをお勧めします。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます