日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会の景品の予算は?

結婚式・披露宴が和やかに終わり、次に待っているのが二次会ですね。
二次会は式や披露宴とはまた一味違い、フランクな気分でわいわい友人達と新郎新婦を祝福出来る場ではないでしょうか?
そんな二次会。参加するゲスト側としては、ゲームの景品がなかなか楽しみなポイントですよね。しかし景品を用意する新郎新婦側、幹事などはちょっとした悩みどころ。
今回は二次会の景品の妥当な予算をリサーチしてみました。

飲食代を決める

飲食代は、二次会を行う会場や用意する食べ物やドリンクの量・種類などによって変わってきます。
おおむねだいたい、男性4500〜6千円、女性3000円〜5千円といったところが平均でしょうか。ここに景品代をプラスしてトータルの会費とします。

景品は高額?粗品?

二次会のゲームの景品には二つの傾向があります。
ひとつは高額な景品を揃え、ゲストの4分の1、3分の1くらいの人が景品を獲得するもの。もうひとつが、3000円〜1000円くらいのものを景品とし、2分の1のゲストが獲得するというものです。
それによって景品にかかる予算も変わりますし、全体の会費も変わります。参加するゲストによって、景品が安いものでも会費が低い方が嬉しいという人や、お祝いの場だから会費が高くても気にならないという人、それぞれだと思います。会を開く新郎新婦側の幹事が二人とよく話し合い決定すると良いでしょう。

景品の予算決定

出席するゲストの数やトータルの会費をいくらに設定するかでも景品の予算は上下しますが、2500円〜1500円くらいが平均のようです。
二次会は、ゲームによって盛り上がり方も変わるので景品選びも重要ですね。高価なものを用意する場合はおのずとゲストから頂く会費も高くなるわけですから、ゲストの大半がもらって嬉しい景品を選ばなくてはなりません。テーマパークチケットなどの場合は必ずペアで用意するなど、当然のことながらゲストを想うことも忘れずに。
https://m.youtube.com/watch?v=SFkZahIYsZE
いかがでしたでしょうか。こちらはあくまで平均値ですので、ご自身の二次会、ゲストにあった景品選びをお勧めいたします。
楽しい二次会になりますように。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます