日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードのお手入れ方法 〜ワックス編〜

スノーボードのお手入れをしっかりしていますか?
「雪の上なのにブレーキがかかっているみたい・・・。」
そんな時にはワックスをかけましょう!

ワックスをかける意味

ワックスをかける理由は、滑りやすくするためとソールの保護です。
大切なボードと長く付き合うには、メンテナンスが必要です。
自分のボードのソール面を見てみましょう。
傷だらけで汚れて、ボロボロではないでしょうか?
しっかりワックスを塗ってあげるだけで、見違えるようにボードが生き返ります!

必要な道具

用意するものはいくつかありますが、どれもスポーツショップで売られているものです。
今回は、簡単なペーストワックスのかけ方を紹介します。

・ペーストワックス
・リムーバー
・ブラシ
・コルク
・キッチンペーパー

ワックスのかけ方

①まずは、リムーバーでソールの汚れを取るクリーニング作業です。
汚れたソールのままではワックスの効果が発揮されません。
リムーバーを吹きかけてキッチンペーパーで拭き取りましょう。

②次にペーストワックスをソールに塗っていきます。
付属のスポンジがあるので、ソール全体に伸ばしていきましょう。

③次にコルクでソールを擦って、摩擦熱でソールにワックスを染み込ませます。
ワックスは熱によってソールに染み込んでいきます。
コツは、力をこめて擦るよりも素早く擦ることです。

④最後に、ブラシでソール全体を擦ります。
ブラシで擦ることで、余分なワックスを取り除く効果があります。

以上でワックスかけは終了です。
ワックスをかけたら早速滑りに行ってみましょう!
見違えるように滑るようになった板に感動するはずです!

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます