日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【山ガールの挑戦】日本三霊山の1つ白山に登ろう

2009年頃、登山ブームにのった女性が山ガールと呼ばれ話題になりました。アウトドアを楽しみながらファッションも楽しむ女性が増えています。山ガールだけでなく登山を楽しむ人の憧れ日本三霊山は登山だけではなくパワースポットとしても必見です。

日本三霊山

日本の三霊山とは富士山(静岡県)・立山(富山県)・白山(石川県)を指し、略して三霊山とも呼ばれます。富士山は山頂に浅間神社があり、立山は雄山神社、白山には山頂に白山ひめ神社があります。山を神聖視して崇拝の対象とすることを山岳信仰といいます。例えば水源である山への信仰がある白山などは周辺地域を潤す水源となりうる山を信仰しています。

白山

白山は、富山県、石川県、福井県、岐阜県の4県にもまたがり両白山地の中央に位置しています。 標高の高い山なので、他の山が残雪が消えた季節になっても「白い山」として遠方からでも一目で判明する山です。白くなった白山を見ると北陸地方では晩秋が訪れたと言うほどです。一帯は国立公園(白山国立公園)にも指定され、国指定白山鳥獣保護区にも指定され、白山スーパー林道は有名です。

白山に登る

登山口は、石川・福井・岐阜の各県にあっていくつもの登山コースが整備されています。ピークの夏山登山時は宿泊施設の混雑を避けるため予約制になるので宿泊を希望する場合は希望日の3日前までに申し込みが必要になります。合わせて野営場やビジターセンター・避難小屋・観察舎なども調べておきましょう。冬季は一部、雪のために閉鎖される道路などもあるので注意が必要です。

まとめ

冬は日本でも有数の豪雪地帯になりますが新緑・紅葉・残雪と季節を感じることができます。高山植物や満天の星空など四季折々の姿を楽しみる白山は何度でも登りたい山です。カメラを持って行くと楽しみも増えること間違いなしです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます