日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会での挨拶の言葉 〜異動の挨拶〜

サラリーマンにとって宿命とも言える人事異動に伴い開かれる歓迎会ではこれから共に働く仲間と打ち解けるためにぜひともスマートに挨拶をしたいものです。挨拶は緊張するものですが自己紹介を含め、どんな風に挨拶をすれば好印象を持ってもらえるか事前に考えておきましょう。

挨拶で伝えること

まず基本は自己紹介です。出身地や趣味、○○が得意ですなどと伝えて印象づけましょう。仕事への抱負や決意に加え、上司や先輩に指導をお願いすることも大切です。同僚にも一言、「仲間に迎えてください」と明るく伝えることを忘れないようにしましょう。歓迎会を開催してもらったお礼で話を締めくくれば完璧です。

失敗しないために

挨拶が苦手な場合はどんなに緊張しないよう頑張ってもうまくいきません。そんな時は無理に長い挨拶をして失敗するよりも短い挨拶でまとめてもかまいません。一字一句考えた挨拶文を暗唱するのも途中で間違えてパニックを起こしてしまっては意味がありません。要点だけ伝えることに集中し、「今、とても緊張しています」と正直に話してしまいましょう。

アピールポイント

新入社員の挨拶はまず自己紹介が中心でかまいません。大きな声で自分を明るくアピールしましょう。異動の挨拶の場合はどこの部署から来てどこに配属されたのかに加えて新しい環境で教えを請う柔軟な姿勢をアピールしましょう。最後は笑顔を心がけ、席に着くまで背筋を伸ばすことを意識すれば悪い印象は持たれません。

まとめ

挨拶は誰でも緊張してしまうものです。緊張で頭が真っ白になっても慌てず、正直に緊張していることも挨拶に加えれば逆に好印象を与えることもできます。まず歓迎会を開いてくれたことに感謝している気持ちを忘れず伝えましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます