日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

土浦花火大会の有料席と穴場鑑賞スポット

日本三大花火大会と称される土浦花火大会においての、有料席の情報と穴場鑑賞スポットを紹介したいと思います。

有料席情報

土浦花火大会の有料席(桟敷席)は、花火が打ち上げられるほぼ正面でとても良い場所ということもあり、
桟敷席の購入希望者が大変多いようです。
桟敷席の種類と販売価格は、
①全マス(約1.7m×約1.7mの6人まで可)が、21000円となります。
②半マス(約1.7m×約0.85mの3人まで可)が、10500円となります。
桟敷席の購入方法は、
①電話申込または、インターネット申込による抽選販売
②窓口による抽選販売
のどちらかによる販売方法で購入をします。
桟敷席の注意点としまして、事前の場所取りの禁止と席の指定はできません。

穴場鑑賞スポット

土浦花火大会の穴場の鑑賞スポットを3点紹介したいと思います。
①桜川に沿った土手沿い
土浦の桜川にて花火が打ち上げられるので、桜川に沿った土手沿いが花火がよく見れます。
花火の音響も楽しめる場所です。
②霞ケ浦総合公園の風車付近
霞ケ浦総合公園は、花火打ち上げ場所から遠巻きに花火鑑賞をする形になります。主に打ち上げ花火の鑑賞が
楽しめるスポットです。また、臨時駐車場にも活用されています。
③国民宿舎水郷付近
花火会場からの距離もある為、車の渋滞も比較的に穏やかで、花火をゆっくりと楽しみたい方にはおすすめの
スポットです。

まとめ

有料席においては早めに申込を済ませて、穴場スポットに向かう際は早めに出発することが、より良い席を確保する為の行動だと思います。より良い席にて綺麗な花火を鑑賞しましょう。

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます