日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会の幹事は誰に頼むとよい?

結婚式の二次会で幹事を頼むということは、大変なお願いです。
たった1日のために膨大な準備が必要ですし、当日の緊張もすごいことです。
簡単に頼めることではありませんので、よく考えてお願いしましょう。

幹事はどれだけ大変か?

結婚式二次会の幹事がやらなければいけないことは、たくさんあります。
参加者の確認、会場確保、参加者への連絡や会費の徴収、必要な物の購入と保管、会場下見やリハーサル、当日の司会進行などです。
会社の飲み会より、ずっと大変です。
おめでたい席のことなので、失敗しないかプレッシャーも大きいです。

どんなタイプの人が幹事に向いているか?

これらのことをお願いできる人が友達の中にいるでしょうか。
責任感が強く、生真面目な人が向いています。
ユーモアのセンスもあった方がいいでしょう。
時間や期限が守れる人も向いています。

幹事に向いていない人

物事や人に対して、いいかげんな人です。
時間を守れない、約束をやぶる、そんな人は向いていません。
失敗を人のせいにする人も避けた方がいいでしょう。
細かい仕事が得意な人も向いています。

誰に頼むか?

具体的に誰に頼めばいいでしょうか。
新婦側、新郎側、どちらでも良いのですが、信頼できる友人が一番良いです。
両方の側から一人ずつお願いするのも良いですし、負担が大きいようなら、何人かにお願いすると良いです。
チームプレーのできる人にお願いしましょう。

結婚式二次会の幹事は、とても大変な役目です。
終わった後は必ずお礼をしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます