日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会での幹事の挨拶例

会社で新入社員歓迎会の幹事を頼まれた!

そんな時、どのように挨拶すればいいでしょうか。
流れを追って、挨拶例をご紹介します。

歓迎会最初の挨拶

会を始めるにあたっての挨拶です。

「皆様、本日はお忙しい中お集りいただきましてありがとうございます。
この度幹事を務めます、×○です。よろしくお願いいたします。
では、これより△△会社の新入社員歓迎会を行いたいと思います。」

上司の挨拶をお願いする

上司の挨拶をお願いするのは、その場で一番上の役職の方です。
事前にお願いしておきましょう。

「では、○○部長より、一言お願いしたいと思います。
○○部長、どうぞ」

○○部長の挨拶が終わったら、お礼を言います。

「○○部長、ありがとうございました」

乾杯の音頭をお願いする

最初の挨拶と、乾杯の音頭は同じ方でも構いませんし、違う方にお願いしても構いません。

「○○課長、乾杯の音頭をお願いいたします。
皆様、グラスをお取りください」

乾杯が終わると、お礼を言います。

「○○課長、ありがとうございました」

食事をすすめる

しばらく食事をしながら歓談することをすすめましょう。

「では皆様、お食事をお楽しみください」

新入社員の紹介

30分ほどたったら、新入社員の紹介をしましょう。
一人ずつ(人数が多ければ部署ごとにまとめる)部署や仕事内容を紹介します。

「○○課に配属されました、△△さんです」

最後の挨拶

余興などあれば司会します。
終われば、締めの挨拶をします。

「皆様、本日はありがとうございました。お疲れさまでした」

上司にお願いすることもあります。

どの挨拶でも、名前や役職を間違えないように気をつけましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます