日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【ラグビー基本プレー】スクラムってなに?

ラグビーをまったく知らない人でも「スクラム」という言葉は聞いたことがあるくらい、一般的に広く認識されているラグビー用語ではないでしょうか。スクラムが選手一丸となって行われることから、「一致団結」を表現するような際にも使われることもあります。
ここではスクラムについて簡単に解説していきます。

スクラム実施の場面

スクラムは、試合中に軽度のペナルティーがされプレーが中断した際に、「リスタート」として実施されます。ちなみにスクラムを担当するのはフォワードの8選手です。

スクラムの構成メンバー

フォワード8選手で3つの構成(第1列、第2列、第3列)を担当します。それは背番号(あくまで先発選手の番号です)で識別でき、以下のように分けられています。
第1列(3人):1番→左プロップ、2番→フッカー、3番→右プロップ
第2列(2人):4番→左ロック、5番→右ロック
第3列(3人):6番→左フランカー、7番→右フランカー、8番:ナンバー8

スクラムの攻防

スクラムを組む前にすでにボールの保有権を有するチームが決まっており、保有権を持ったチームの9番(スクラムハーフ)の選手が、スクラムを組んだ両チームの間にボールを入れることでリスタートされます。この中に入ったボールを味方のスクラム側に引き込む作業をするのがフッカーの役目です。この一連の行動をスムーズに行うため、スクラムハーフとフッカーの間でサインなどを使い意志の疎通を図っています。
その一方で保有権を持っていないチームは、ボールが入った後にをスクラムを押したりしてボールを奪い返す行為を行います。

スクラムの留意事項

スクラムはチーム内でも体格の大きなフォワード8選手が一緒に押し合う行為なので、負傷もしやすい危険なプレーだといわれています。そのためスクラムを故意につぶすような行為があったと判断された場合、ペナルティーが宣告されます。
スクラムを担当する選手たち(特に第1、2列の選手)は、怪我のない基本姿勢をしっかり身につけることが必要となります。
またこれまで何度かルール改正がなされ、徐々に選手たちに負担がかからない方法でスクラムが組まれるようになってきています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます