日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

窓・網戸の大掃除方法

きれいに見える窓でも、意外と汚れが溜まっています。手で撫でてみるとよく分かりますね。そして、網戸はもっと汚れています。雨や風に運ばれた砂などで、かなり汚れます。また、網戸の掃除は厄介で面倒と感じてる人も多いと思います。そこで、窓・網戸のお掃除のコツをまとめてみました。

窓掃除のコツ

窓掃除は、ズバリ!曇りの日がお勧めです。何故かと言うと、曇りだと窓についた汚れが湿気を含み、取れやすくなっているからです。最初は、外側からお掃除します。そうすることで、内側を拭くときに拭き残しや汚れが
見つけやすいのです。

お掃除方法は・・・

まずは、雑巾またはタオルを水で濡らして絞ります。そこに洗剤をまんべんなくつけて、窓全体をを拭きます。
次に、水拭き用タオルを水で濡らし固く絞ります。そして洗剤を丁寧に拭き取りましょう。汚れた面をこまめに変更し、きれいな面で拭いていきます。最後に乾いたタオルで、ガラスに残った水分を拭き上げましょう。窓の淵に沿って、上から下へコの字型で進むとキレイに拭き取れますよ。

網戸掃除のコツ

網戸を取り外したら水をまんべんなくかけます。そして、洗剤をつけたブラシで洗っていきます。この時、ゴシゴシと力を入れると網戸が緩んでしまうので、注意が必要です。最後に水ですすぎ、乾かします。
今は、網戸掃除用の色々なアイテムがあるので、それを利用してもいいでしょう。

そして、最後にレールも忘れずにお掃除しましょうね。

窓がきれいだと部屋も明るくなって、気持ちがいいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます