日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

フットサルの戦術について 〜エル編〜

フットサル初心者の方でも簡単な戦術くらいは身につけておきたいものです。そこで初心者でもすぐに実践に移せるような戦術「エル」について紹介します。

少人数でやれるし、息も合わせやすいとっても重要な戦術!

「エル」は、昔からあるフットサルの戦術の名前です。チームで初めて練習する戦術としてよく取り入れられています。内容はとってもシンプルです。まず中央でボールを持っているプレイヤーと中央端で構えているプレイヤーと敵チームの中心で構えているプレイヤーに分かれます。そこで、中央のプレイヤーが端のプレイヤーのボールを渡して、中央のプレイヤーはその反対方向に大きくダッシュします。端にいたプレイヤーは敵中央にいるプレイヤーにボールを渡すかと思いきや、ダッシュしたプレイヤーにボールを渡して大きくゴールするという戦術です。

自チームと敵チームの戦術の心理戦!

敵チームに構えているプレイヤーは、基本的に大きく動くことでボールを欲しがっているような演技をするのも大事です。また危険と感じたら、端にいるプレイヤーの近くに行ってパスを受けてダッシュしているプレイヤーに渡すという方法を使ってもいいでしょう。「エル」はチームによっていろんな戦術を編み出すことができます。相手チームによって戦術を変えてみたりするのも有効な手かもしれません。

最後に

初めてやれる戦術として「エル」を紹介しましたが、戦術はほかにもたくさんあるので、この戦術をマスターしたら、他のものに切り替えてみるという試行錯誤をしてみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます