日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカー関連の仕事ってなにがあるのか

サッカーに関する仕事と聞くとあなたは何を思い浮かべますか?実は選手も含めサッカーに携わることのできる仕事はたくさんあるのです。
ここではそのうちいくつかを紹介します。

①選手

サッカーに関わる仕事として最も多くの人が思い浮かぶのがサッカー選手でしょう。
誰もが一度は夢見るものではないでしょうか?
ほぼ世界中にプロサッカーリーグが設立されており最もポピュラーとも言えますが選手としてサッカーに携わることのできるのはほんの一握りといえるでしょう。

②審判

次に思い浮かぶのはやはりレフェリーでしょう。
近頃はW杯など重要大会でのレフェリーに関してのドキュメンタリー映画が作られたりと注目度は高まってきています。
日本サッカー協会は1級から4級までのライセンスを定めており資格によって自分に合った舞台で活躍することが可能です。

③スクールコーチ

小学生から中学生くらいの子供たちを対象に指導やコーチングにあたる仕事です。
技術力もそうですがコミュニケーション力が指導の基礎となってきます。日本サッカーの未来を担う仕事ともいえます。

④ホペイロ

プロサッカー選手の身の回りのものをケア、管理、準備する人のことです。
世界のトップリーグでは古くから浸透していましたが日本では1990年代から普及しだしました。

⑤アスレチックトレーナー

けがをしてしまった選手のリハビリから復帰までの手伝いをする仕事です。
選手の健康状態からトレーニング・栄養・休養に関する指導、環境や施設の管理・チェックまで仕事の内容は多岐にわります。

⑥フロント

試合やイベントの企画・運営、スケジュール管理などのチームのマネジメントはもちろん、チーム戦力の強化、スポンサー獲得や広報活動、財務関係のことなどクラブ運営に必要となる仕事全般が含まれています。

⑦サッカー雑誌編集者

取材に行ったり各チームの戦力分析を行ったりマッチレポートを書いたり、インタビューをしたりと仕事内容は多岐にわたります。

いかがでしたでしょうか?サッカーに関わる仕事はたくさんあるので是非参考してみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます