日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

要注意!旅行の荷物預かりカウンターで気をつけたいこと

何年かに一度旅行に出ると、ほぼ毎回変わっている飛行機の手荷物ルール。どれが持込みで、預けなきゃで、どっちでもダメなのはこれこれで…。事前に確認するか、わからないものは取り出し易くしておき、係の方に聞くのが一番です。因みに、各会社や乗る便(の機体の大小等)、行先の国・地域毎に細かい手荷物ルールは違っています。

刃物・液体・長い物・ライター・マッチ類

多分、一番厳格に決められていて、間違えると没収になる確率も高いのがこれらです。事前に確かめましょう。別の意味でも気を付けたいのが液体物。機内持込み制限を守ることや、気圧変化での預け荷物のボトル類破裂を考慮して荷造りしておきます。プラスチック製のシャンプーボトルなどはそこそこ破裂の危険あり、です。

アメリカ行きでは施錠しない

今後ほかの国にも広がっていくかどうかわかりませんが、アメリカでは国内便も含めて、預け荷物は到着先の空港で持ち主に戻す前に鍵を開け中身確認されることが多くなっています。もちろんテロ対策です。施錠してあれば鍵は破壊されます。ただしTSAロックという規格の鍵は検査担当者が特殊な器具で開けて検査するので必要な方はご検討を。

知らない人の荷物は預からない

実は一番大事なのがこれです。空港で、到着先で知人に渡してくれないか、と頼まれた荷物が麻薬などの密輸品で、逮捕されて長い間刑務所に入れられる、ということはそれなりにあります。見知らぬ人はもちろん、旅先で知り合った親切な人にも残念ながら注意が必要です。

まとめ

空港カウンターには時間的余裕をもって行きましょう。お休み時期と修学旅行シーズンにはご注意を。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます