日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

先人が授けるゴルフラウンド時のアドバイス

ゴルフのラウンドというのは、ゴルフを何年やっていても、ドキドキ、ワクワクするものです。しかしそんなとき、貴方はどんなことに気を付けながらラウンドをしているでしょうか?今回はそんなラウンドでの注意点についてご紹介してみたいと思います。

ラウンド中の落とし穴

みなさんがラウンド中によいスコアを出すために、気を付けていることはいったいなんでしょうか?。まず一番に思い浮かぶのが、自分なりのスウィングの課題を意識するということです。確かにそれは大切なことですが、自分のスウィングの何かが今さら劇的に向上するわけではありませんし、人間が意識できることは限られています。あまりに意識しすぎて、打ちっ放しでの好調なリズムを崩してしまったなどということは、よく聞く話です。

大切にしたいスウィングリズム

それではラウンド中のスウィングに関して、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?。まず大切なのはスウィングそのものよりも、スウィングのリズムです。よくプロのトーナメントなどでプロがミスショットをするとき、だいたいはある緊張した状況の中でスウィングリズムが速くなってしまうことが原因です。アマチュアの場合の緊張するショットとは、だいたいの場合は1番ホールのティーショットでしょうから、特にギャラリーが多ければ多いほど、いつもの2倍くらいの時間をかけてスウィングするくらいで丁度いいリズムになるものです。

練習場とは違う状況を把握する

練習場とラウンドのメンタル的な違いがスウィングに及ぼす影響が把握できたところで、次に環境的な違いがスウィングに与える影響について見ていきましょう。まず一番最初に思い浮かぶ違い、それは打ちっ放しの足元は平らだが、コースの足元は平らではない場合が多い、ということが挙げられます。一見平らだと思っているティーグラウンドさえ、実は平らではない場合が多いのです。打ちっ放しでは好調だしメンタル面でも落ち着いているのに、ラウンドでは調子が悪くなるという話もよく耳にします。そんな方はコースへのスウィングの対応、特に斜面でのショットへの調整がうまくできていない可能性があります。斜面でのショット時はクラブを少し短く握る、スウィングをコンパクトにする、短いクラブを持って無理をしないなどの対応をしていきましょう。

まとめ

このように打ちっ放しとラウンドの違いについて、メンタル面と環境面を中心に見てきましたが、ラウンド中の状況は刻一刻と変わっていきます。大切なのは自分がラウンド中にはどういう状態になるのかを知ることなのです。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます