日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会のゲーム 〜大人数向け〜

友人や同僚の結婚式で、二次会の幹事を任された経験のある方は多いのではないでしょうか。幹事の仕事は結構大変で、中でも二次会で行うゲームについては最も頭を悩ませる問題です。大勢の人が参加する二次会では、全員が楽しめてルールがわかりやすいゲームにする必要があります。いくつかオススメのゲームをご紹介したいと思いますので、幹事さんはぜひ参考にしてみてください。

スタンダードなビンゴゲーム

定番中の定番です。数字が書かれたカードを参加者全員に配り、当選数字を一つずつ発表していきます。当選数字の選び方ですが、新郎新婦にクジなどで決めてもらう場合が多いでしょう。カードはバラエティショップ等で購入することができますし、当選数字を選ぶための抽選器(いわゆるガラポン)も売っています。ルールもわかりやすく参加者全員が楽しめて、かつ幹事の準備や司会進行も簡単なのでおススメですよ。

新郎新婦に関するクイズ大会

こちらもルールはいたって簡単です。新郎新婦に関するクイズを出題し、参加者が答えるゲームです。クイズは例えば「新郎のきらいな食べ物は?」「新婦が小学校の頃していた習い事は?」など簡単なものがちょうどよいでしょう。解答方法ですが、参加者をテーブルごとのチームに分けて、チームごとに答えてもらう形にすると一層盛り上がると思います。

新しい出会いがあるかも!?ドキドキビンゴゲーム

ベースとなるルールはビンゴと同じですが、参加者同士の交流が楽しめるゲームです。参加者に配るカードは、数字の書かれていないマス目だけのものにします。マス目は通常のビンゴゲームより少なめで3×3くらいのものでよいでしょう。まず参加者は、マス目1つにつき他の参加者の名前を1つ記入します。その際、できるだけ初対面の人の名前を書くようにします。初対面の人の名前は当然わからないので、名前を聞いて書くことになります。つまり、参加者同士で交流しながらビンゴカードを埋めていく形になります。次に新郎新婦が、参加者の名前を思いついた順に一人ずつ発表し、ビンゴをしていくという流れです。参加者同士が自己紹介をし合いながらゲームを進めるので、新しい出会いが生まれるドキドキ感を味わうことができるゲームです。

まとめ

いかがでしたか?スタンダードなものから少し工夫を加えたものまで、アイデア次第で様々なゲームを企画することができます。ぜひ参考にしていただいて、楽しい二次会にできるよう頑張ってくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます