日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

葛飾納涼花火大会の有料席と穴場鑑賞スポット

葛飾納涼花火大会は、都内でもあまり例をみない臨場感のある花火大会として知られています。というのは、観客席から打ち上げる場所までの距離が近いからです。下町情緒あふれる、柴又帝釈天参道を歩いて、会場まで向かうことになりますので、下町観光も一緒にできる花火大会です。

花火大会会場

葛飾納涼花火大会は、東京都葛飾区柴又で行われており、公共交通機関を使えば、京成柴又駅から会場まで徒歩で10分ほどです。JR金町駅からだと徒歩で20分かかります。また車での来場はできません。花火の打ち上げ数は約1万3000発となっています。

有料観覧席について

葛飾納涼花火大会の有料席は2人マス席が例年だと5000円です。4人マス席では6000円、定員4人のベンチ席では6000円となっています。また、受け付けをした順に発券されますが、座席位置の指定はできません。

観覧穴場スポットについて

葛飾納涼花火大会の穴場スポットはいくつかあります。まず、松戸市側のゴルフ場になっている河川敷です。あまり混雑することなく、敷地も広いため、早めの場所取りを行わなくても当日座れるほどの広さがあります。また河川敷からは、川面に映り込む花火を観覧することもできます。次に矢切の渡し付近が穴場として挙げられます。この河川敷から花火大会の大迫力を正面から見ることは難しいですが、人があまり来ないため、穴場スポットといえます。

まとめ

花火大会は歩いたり座ったり、立ったりと、いろいろな動きをしなくてはならないため、動作がスムーズにいくような服装で行くと良いでしょう。また蚊も多いので、虫よけスプレーなどを持って行き、快適に観覧できるようにするといいですよね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます