日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

覚えておきたい宴会のマナー お酌について

会社の飲み会などで、お酌をする機会があると思います。
お酒を注ぐ場合も、注がれる場合にも守るべきマナーがあるので、しっかり覚えておきましょう。
ちょっとしたことですが、相手に不快に思われるようなことは避けたいですね。

ビールの場合

ビール瓶からお酒を注ぐ場合には、ラベル面を上にして、手でラベルを隠さないようにします。注ぐときは、少し高めの位置から初めは勢いよく、だんだんと緩やかに注いでいきます。泡の割合はグラスの30%くらいがいいです。

注がれる場合は、まず残っている分を飲み干します。
これは、その方がおいしく飲めると言われているからです。
また、グラスはあまり傾けないようにして注いでもらいましょう。

日本酒の場合

徳利から注ぐ場合は、胴の部分を右手でしっかり持ちます。左手は下側を支えます。
熱燗の場合にはやけどをしないように首部分を右手でもち、底をタオルを使って支えます。

盃に並々とお酒を注いでしまうと飲みづらいので、8割ほどにしておくのがマナーです。

ワインの場合

ビール同様、ラベルが上にくるようにして瓶を持ちます。注ぐ量はだいたいワイングラス3分の1から2分の1が目安です。

また、ワインを注いでもらうときにはグラスに触るのはマナーに反します。
持ち上げたりせずに、テーブルに置いたままにしておきましょう。

まとめ

お酒の種類によって、注ぎ方が変わってきます。
また、注がれ方も変わってくるので、覚えておいて損はありません。

たとえ、お酒の席であっても、しっかりとマナーは守りましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます